原宿シネマ 春の特別企画 -家族を感じる映画たちvol.1-

暖かくなり過ごしやすくなってきた4月、原宿シネマは丸4年を迎えました。そこで春の特別企画として、昨年劇場公開された中で原宿シネマ的に激プッシュしたい作品である、『アバウト・タイム ~愛おしい時間について~』を上映することとなりました。この日は、ブルーレイ&DVDリリース記念イベントとコラボする形で開催したため、テレビの報道陣の方もいらっしゃり、いつもと少し違う雰囲気に。ゲスト館長には、タレントとして数多くのメディアに出演しながら、ヨガ講師やママとしても活躍中の藤本美貴さんにお越しいただきました! 開演後はすぐに報道陣のフラッシュがたかれる中、本作品のヒロインであるメアリー(レイチェル・マクアダムス)がポスターで赤いドレスを着ていることから、館長も赤いスカートが印象的な衣装を身にまとって登場。

その後、早速トークショーを行い、最初に藤本館長から「この作品の公開当時、二人いるマネージャー(男女)がそれぞれ口を揃えて、すごい良かったと言っていて、一人は3回映画館に観に行ったほどだったので、すごい気になっていたんですよ!でも私は、子どもがいたりで中々タイミングがあわず観に行けなかったので、今回やっとDVDになって観ることが出来てうれしいです。」とコメント。トークショーでは、作品の感想からタイムスリップの話や家族の話まで様々な話題に広がっていった。

これは作品のメッセージにも含まれると思いますが、藤本館長自身も「タイムスリップをしなくても、今が幸せ」と言っていたのが印象的でした。お客さんからの質問では、夫婦が仲良く生活する秘訣を聞かれ、お互いが思いやることを前提とした上で、色々なエピソードを教えてくれる一幕もありました。

ちなみに、この日は藤本館長がお子さんを迎えにいくことから最後まで会場にいれなかったため、お客さんへのお土産として、「大事な人に渡してあげて下さい」とカーネーション(母の日も近かったので)をご用意くださっていました! そんなサプライズもあり、会場にお越し頂いた皆さんが、作品の余韻とともに暖かい気持ちで会場を後にされていれば嬉しい限りです。 これから5年目に突入していく原宿シネマですが、今後とも宜しくお願いします!