原宿映画祭 2012 箭内道彦 -『アカルイミライ』

10月27日~28日と2日間に渡り合計6人のゲスト館長さんたちに集まって頂き、それぞれの想いが詰まった“人生の一本”をご紹介して頂き、会場で観客と一緒に共有してきた第1回原宿映画祭のトリを務めたのはみなさんご存知のCMプランナーの箭内道彦さん。CM制作だけでなく、昨年の震災以降、故郷の福島を盛り上げるため様々なアクションを起こしている非常にエネルギッシュな人物。ザ・猪苗代湖ズとして音楽活動もしていて、昨年の紅白にも出場した人物。オフィスが原宿にあることもあり、ご出演を快諾してくれました! 箭内さん、お忙しいところどうも有り難うございました!

上映した作品は黒澤清監督の傑作「アカルイミライ」。あのオダギリジョーさんの映画初主演作で、第56回カンヌ国際映画祭(2003年)のコンペティション部門に正式出品されている。箭内さんは本作の衣装を手掛けているスタイリストの北村道子さんに薦められたのがキッカケで観に行った作品らしいです。

そして上映後のトークショーにはTHE BACK HORNの松田晋二さん、元毛皮のマリーズの栗本ヒロコさんにご登場頂きました!

THE BACK HORNさんがこの作品のエンディング曲「未来」を提供されているのですが、本当に作品にぴったりと寄り添うような楽曲で、ここまでメロディ、そしてリリックスが映像とマッチし昇華している映画作品もきっとあまりないでしょう。ラフ編集した映像をメンバーで試写した帰りに、そのままスタジオに直行して、頭に浮かんだフレーズを頼りに一気に創りあげたのが、あの名曲「未来」だという誕生秘話もお聞かせ頂きました!まだ聴いたことのない方、是非チェックしてみてください。

箭内さん、松田さん、栗本ヒさん、御来場有り難うございました。 これからもご活躍を期待しています!!