第11回原宿シネマ ハイスクールを感じる映画たちvol.1

上映日時 2012年5月19日(土)15:30開場 16:00開演
上映作品 『セブンティーン・アゲイン』
館長 花くまゆうさく/漫画家・イラストレーター

館長からの一言

この映画は過去に未練のある中年男の成長物語ですが、私も男子校に行ってしまった高校時代から30代半ばまで、過去(中学時代)に戻りたい病に長く侵されていましたのでシンパシー感じました。
甘いイケメンが主役の映画だからといって差別しては実にもったいない映画です。
ホントによくできた青春学園映画であり、ファミリー映画であり、過去に未練タラタラな男子向け映画でもあります。ティーンの輝きがまぶしくてたまりません。
「アメリカのコメディ・ラブコメ・ティーン映画はホントによくできていて素晴らしい!心地よくさせてくれる!」つくづくそう思わせてくれた映画です。
公開時に見に行ったら、ガラガラの館内に寂しく&悔しくなりました。
いまこそ大勢みんなで見て楽しみたい映画です!みんなで集まって見ましょう!!!

花くまゆうさく(漫画家・イラストレーター)

1967年東京都北区生まれ団地育ち。 月刊「ガロ」入選を得て、漫画やイラストで食べるようになる。 主な作品集に「東京ゾンビ」(青林工藝舎)「メカ☆アフロくん」(マガジンハウ ス)など。 今年5月中旬、東京IT新聞で連載中の「ITの汁」が電子書籍化されます。 映画の作文ブログ「その後の青いオトコの汁~中学生の魂百まで」も見てくださいま せ☆
http://www.hanakuma.com/
http://blog.livedoor.jp/hanakuma3/

作品解説

人生2度目のハイスクール・ライフが、彼にくれたものとは…。
人生をリセットしたいと願っている37歳の主人公が、不思議な現象に巻き込まれて肉体だけが17歳に若返り、再び学園生活を送る様子をユーモアたっぷりで描くタイムスリップコメディーの傑作。「バック・トゥ・ザ・ヒューチャー」、「ビッグ」などの名作たちを彷彿させてくれる作品。
もし、人生をやり直せるとしたら…?マイク・オドネルは負け組としての人生を甘んじて受け入れている37歳。傷心のマイクはバスケットのスター選手だった頃の栄光の記憶が残る出身高校を訪れ、謎めいた用務員に出会ったことがきっかけで不思議な現象に巻き込まれ、肉体だけ17歳に若返ってしまう・・・。昔と同じようにバスケットボール部で華々しく活躍し、セクシーな魅力全開で女の子からも注目を浴び、人生をやり直すかのようにマイクはかつて通っていたハイスクールで、再び、学園生活をスタートさせるが・・・。
「ヘア・スプレー」、「ハイスクール・ミュージカル」で大人気の甘いイケメン、ザック・エフロン君主演の女の子向けアイドル映画と思われがちだが、実は男子にも、大人にも抜群に楽しめる学園ムービーの傑作。

監督:バー・スティアーズ
製作:マダム・シャンクマン/ジェニファー・ギブゴット
脚本:ジェイソン・フィラルディ
撮影:ティム・サーステッド
衣装デザイン:パメラ・ウィザーズ=チルトン
音楽:ロルフ・ケント
編集:パトレイック・マッキンリー
出演:ザック・エフロン、レスリー・マン、トーマス・レノン、ミシェル・トラクテンバーグ、
   スターリング・ナイト、メロラ・ハーディン、マシュー・ペリー

2009/アメリカ/英語/カラー/102min.
(C) 2009 New Line Productions, Inc. Distributed by Warner Home Video. All rights reserved.

タイムスケジュール

15:30 開場
16:00 館長挨拶
16:10 上映開始
18:00 花くまゆうさく館長によるトークショー(特別ゲスト登場予定)
18:30 終了予定

料金

一般 学生 ※1 原宿割 ※2
¥1,800 ¥1,500 ¥1,500

※1 受付にて学生証をご提示ください

※2 原宿在住・勤務されている事を証明できるものをご提示ください。

アクセス

会場:VACANT
東京都渋谷区神宮前3-20-13
最寄駅:東京メトロ「明治神宮前」駅(5番出口)/JR「原宿」駅(竹下口)
TEL:03-6459-2962