第12回原宿シネマ 奇跡を感じる映画たちvol.1

上映日時 2012年6月17日(日)15:30開場 16:00開演
上映作品 『アレクセイと泉』
館長 大木伸夫(ACIDMAN)/ミュージシャン

館長からの一言

悲しい現実の中で強く生きる人々。

人間の本当の美しさが溢れています。

そして、そこには一つの奇跡がありした。

物質に満たされた僕達が手に入れたものは何なのか、改めて考えさせられる映画です。

大木伸夫(ACIDMAN)(ミュージシャン)

“生命”をテーマにした壮大な詩世界、様々なジャンルの音楽を取り込み、“静”と“動”を行き来する幅広いサウンドで3ピースの可能性を広げ続けるロックバンド、ACIDMANのVo&G。今年、結成15周年、デビュー10周年を迎え、2月に初のベストアルバム「ACIDMAN THE BEST」を始めとする4タイトルを同時リリース。また4月には、故郷のさいたまスーパーアリーナでのワンマンライブも大盛況に納める。 
INFO http://www.acidman.jp

作品解説

ベラルーシ共和国ゴメリ州、ロシアとの国境に接する小さな村を主題に写真家・本橋成一と音楽家・坂本龍一のコラボレーションにより誕生した、人間の強さ、弱さ、大事なもの、哀しさ、愛しさそんなものを雄弁に語る傑作ドキュメンタリー。
1986年4月26日、180キロ離れたチェルノブイリ原子力発電所で起こった爆発事故により放射能に汚染されたこの村には、55人の老人と小児麻痺の後遺症のあるアレクセイという1人の青年が暮らしている。

舞台となる〈泉〉は
ベラルーシ共和国東南部にある小さな村ブジシチェにある。この村の学校跡からも、畑からも、森からも、採集されるキノコからも放射能が検出されるが、不思議なことに、この〈泉〉からは検出されない。
「なぜって?それは百年前の水だからさ」と、村人たちは自慢そうに答える。
この百年、人間は何の豊かさを求めてきたのだろう。
《水の惑星=地球》の強い意志のようにこんこんと湧く〈泉〉は、私たちに"本当の豊かさとは何か"を静謐に語りかける。

監督:本橋成一
製作:小松原時夫、神谷さだ子
撮影:一之瀬正史
録音:弦巻裕
編集:村本勝
スチール:明石雄介
音楽:坂本龍一

2001/日本/104min.
©POLEPOLETIMES ALL RIGHTS RESERVED.

タイムスケジュール

15:30 開場
16:00 館長挨拶
16:10 上映開始
17:55 大木伸夫館長によるトークショー
18:25 終了予定

料金

一般 学生 ※1 原宿割 ※2
¥1,800 ¥1,500 ¥1,500

※1 受付にて学生証をご提示ください

※2 原宿在住・勤務されている事を証明できるものをご提示ください。

アクセス

会場:VACANT
東京都渋谷区神宮前3-20-13
最寄駅:東京メトロ「明治神宮前」駅(5番出口)/JR「原宿」駅(竹下口)
TEL:03-6459-2962